福岡のニュース

天神「福ビル街区建替プロジェクト」街区全体の同時開発が決定

天神「福ビル街区建替プロジェクト」街区全体の同時開発が決定

西鉄では、福ビル街区(福岡ビル、天神コアビル、天神第一名店ビルを含む街区)建て替えプロジェクトにおいて、街区全体の同時開発を決定したと発表しました。

また、イオングループのイオンモール社との間で、同社の新ビルへの出店について合意し、今後両社で協議を進めることについてもあわせて発表。

同プロジェクトは、開発を2期に分ける段階開発として着手され、これまでに第1期事業である福岡ビルおよび天神コアビルの建替計画が進められてきました。

今回、イオンモール社をはじめとした関係各所との協議の結果、天神第一名店ビル(天神ビブレ)を含めた街区全体の同時開発が可能となり、天神ビッグバンの期限である2024年までに街区全体の建替完了を目指す方向で、巨大プロジェクトが一気に進むことになりました。

「福ビル街区建替プロジェクト」街区全体の同時開発が決定

新たなビルは、幅約100m、奥行約80m、延床面積約138,000㎡の大規模ビルとなり、第1期事業と比較して、オフィスフロア、商業フロアの面積はそれぞれ約1.4倍に拡大し、ホテルの室数も増える計画です。

また、オフィスフロアの基準階面積は約4,300 ㎡と西日本最大規模となります。

同ビルの階数は、地上19階、塔屋1階、地下4階で、建物の高さは約96m、基本設計は日建設計社、外装デザインは、Kohn Pedersen Fox Associates が請負ます。

Kohn Pedersen Fox Associates(コーン・ペダーセン・フォックス)は、1976年に結成されたアメリカ合衆国を代表する建築設計事務所で、国内では、東京の六本木ヒルズ森タワー、同じく東京の大手町タワー、東京ガーデンテラス紀尾井町の外装デザインなどを担当しています。

現在、街区全体の同時開発が可能となったことで、設計の見直しが進められていますが、現時点でのフロア構成イメージでは、地下3階~地下4階が駐車場、地下2階~地上4階が商業、5階~6階がスカイロビー、7階が設備フロア、8階~17階がオフィス、18階~19階がホテルとなっています。※今後変更の可能性あり。

現在、街区全体の同時開発が可能となったことで、設計の見直しが進められていますが、現時点でのフロア構成イメージでは、地下3階~地下4階が駐車場、地下2階~地上4階が商業、5階~6階がスカイロビー、7階が設備フロア、8階~17階がオフィス、18階~19階がホテルとなっています。※今後変更の可能性あり。

建替のスケジュールは、既に解体着手している福岡ビルに続き、2020年4月以降に天神コアビルおよび天神第一名店ビルの解体に着手、2024年3月竣工、同年夏のオープンを目指すとしています。

なお、新ビルにおけるイオンモール社の出店形態については、地下階一部への、飲食ゾーンおよび「ヘルス&ウエルネス」をコンセプトとしたスーパーマーケットを含む食物販ゾーンが予定されており、今後両社で協議が進められます。

開発コンセプト

『創造交差点 meets different ideas』

天神に「創造交差点」をつくろう。
新しい福ビルは、訪れる人々を常にワクワク・ドキドキさせる
新しい価値を生み出し続ける場所にしよう。

閉店セール

■ 天神ビブレ(2020年2月11日閉館)
2019年12月7日~ 天神ビブレ閉店セール
2020年1月1日~「最後のビブレ情熱バーゲン」
2020年1月11日~ 天神ビブレ閉店セール「ファイナル」

■ 天神コア(2020年3月31日閉館)
2019年12月26日~ 天神コアの歴史展
2020年1月2日~ 最後の初売りバーゲン
※2月以降も閉館イベントや閉館セールが検討されています。

参考

福岡ビル
1961年12月竣工、地下3階/地上11階
天神コアビル
1976年5月竣工、地下3階/地上8階
天神第一名店ビル(天神ビブレ)
1976年11月竣工、地下3階/地上10階

西日本鉄道株式会社
イオン株式会社
イオンモール株式会社

この情報は2019年11月29日(金)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

3290
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top