福岡のニュース

「しし座流星群」今夜遅くから明日の明け方が見頃に

流星群のイメージ
※画像はイメージです

2019年11月18日(月)の14時頃に「しし座流星群」が極大をむかえます。

極大をむかえるのが日中ですので、今夜遅くから明日の明け方、あるいは19日(火)の未明が見頃となります。

「しし座流星群」は過去、2001年に国内にて1時間に2000個以上の流星が確認されたこともある流星群ですが、現在は流星数が少ない時期となっており、多数の出現は期待できません。

さらに月が明るく観測条件がよいとは言えませんので、1時間に1個程度みえるかどうか…「流星が見られたらラッキー」くらいの気持ちで夜空を見上げるとよいかもしれません。

空が開けた場所で、暗所に目が慣れるまで15分程度、空全体を観測してみるとよいでしょう。

なお、夜間は寒さが厳しくなってきていますので、防寒対策などをしっかり行うようにしましょう。

ちなみに、この流星群は速いスピードで流れるのが特徴ですので、流れ星が観測できたとして、願い事はそれに負けない速さで唱える必要があります。

国立天文台|NAOJ

この情報は2019年11月17日(日)時点の内容です。

1960
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top