福岡のニュース

新たな4作品を含む計7作品「チームラボ 福岡城跡 光の祭」が今年も開催決定

新たな4作品を含む、計7作品

冬季の人気展覧会「チームラボ 福岡城跡 光の祭」が今年も開催決定。2017年に続き、チームラボが、約2万米の舞鶴公園の福岡城跡を、インタラクティブな光のアート空間に変えます。

会期は2019年11月29日(金)から 2020年2月2日(日)まで。前売券は、全国のチケットぴあ/セブン-イレブンで販売中です。

福岡城は、1601年から7年の歳月をかけて築かれた、城の規模としては九州一の巨城です。

本丸・二の丸・三の丸などの中心部は総石垣造りで、別名、石城とも呼ばれ、今も非常に美しい石垣が、四層に分かれ、非常に広大な史跡となっています。

チームラボが展開する「Digitized City」というアートプロジェクトは、非物質的であるデジタルテクノロジーによって、街を物理的に変えることなく「街が街のままアートになる」というプロジェクトです。

「チームラボ 福岡城跡 光の祭」では、美しい石垣のある福岡城跡の中心部約2万平米を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えます。

今回は、光で描かれた黒い八咫烏が大天守台跡の石垣を飛び回る「石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス – 石城大天守台跡」や、福岡の礎を築いた福岡藩の藩祖<<黒田官兵衛>>らをお絵かきする「お絵かき黒田官兵衛」など、新たな4作品を含む、計7作品を展示。

開催概要

会期: 2019年11月29日(金)~2020年2月2日(日)※会期中無休
時間: 18時~22時(最終入場21時30分) ※12月31日は25時まで開催
会場: 舞鶴公園・福岡城跡(福岡市中央区城内)

チケットの購入方法については、こちらの公式サイトから確認できます。※料金表はページの下部にあります。

展示作品

呼応する木々と自立しつつも呼応する生命
呼応する木々と自立しつつも呼応する生命

呼応する木々と自立しつつも呼応する生命

城跡に置かれた立ち続ける光のovoid(卵形体)と、城跡の木々が光り輝く。

光のovoidと木々の光は、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。

光のovoidは人に押され倒れかけると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その光は、放射状に近隣の光のovoidと木々に伝播していく。

伝播した光は、同じように音色を響かせながら、光のovoidと木々に連続して広がっていく。そして周りの「呼吸し呼応する石垣」にも呼応していく。

向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうに人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

呼応する木々と自立しつつも呼応する生命
呼応する木々と自立しつつも呼応する生命

呼吸し呼応する石垣 – 石城跡

1607年に築かれた福岡城、別名を石城。その石垣が、全長約630mに渡って光り輝く。

石垣の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように明滅する。

本丸跡の「呼応する木々と自立しつつも呼応する生命」の伝播してきた光に呼応し、強く輝き、連続して広がっていく。

大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達
大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達

大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達

全長60m、高さ約10mの福岡城大天守台跡の石垣に住まう動物の体には、花々が生えている。

花々は動物の体で生まれ、咲き、散って消えていく。人々が動物に近づくと、花々は散っていく。花々が全部散ると、動物は消えていく。

自立しつつも呼応する生命の森
自立しつつも呼応する生命の森

自立しつつも呼応する生命の森

空間は、光のovoid(卵形体)によって埋め尽くされている。人々は光のovoidをかき分け、空間の中に入っていく。

光のovoidは、人々がかき分けたり、叩いたりして衝撃を受けると、色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そのまわりのovoidは、近くのovoidから連続的に呼応し、同じ色になり同じ音色を響かせていく。

向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうに人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識する。

石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス - 石城大天守台跡
石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス – 石城大天守台跡 ※参考画像

石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス – 石城大天守台跡

1607年に築かれた福岡城、別名を石城。その大天守台跡の石垣を使ったインスタレーション作品。

光で描かれた黒い八咫烏が空間を飛び回り、その軌跡が空間に書を描く。カラスが互いに追い追われる。追うカラスも、やがて追われる側になり、追いつかれぶつかると、カラスは散って花となる。

光で描かれるカラスの黒は、光がないことを意味し、自然石の積み上げによる、そして数百年の長い時間による風化が生んだ石垣がつくる影と区別がつかない。カラスは、石垣の影と一体化しながら、飛び回る。

石垣の反転無分別 - 石城跡
石垣の反転無分別 – 石城跡

石垣の反転無分別 – 石城跡

1607年に築かれた福岡城、別名を石城。その石垣を使ったインスタレーション作品。

光で描かれる書の黒は、光がないことを意味し、数百年の長い時間による風化が生んだ石垣がつくる影と区別がつかない。書と石垣の影は一体となって、石垣に「空書」を永遠に書き続ける。

書かれた「空書」は作品空間の中を全て同一方向に回転しているが、「超主観空間」の特性として、視覚的には、左回転も右回転も論理的に同等となる。そのため、意識によって、書は、左回りにも、右回りにもなる。

「空書」とは、空間に書く書。書の墨跡が持つ、深さや速さ、力の強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築し、チームラボの「超主観空間」の論理構造によって2次元化している。書は平面と立体との間を行き来する。

お絵かき黒田官兵衛
お絵かき黒田官兵衛

お絵かき黒田官兵衛

みんなの描いた黒田官兵衛たちが歩き回ったり、踊ったりします。

紙に自由に、黒田官兵衛にゆかりのある歴史上の人物(黒田官兵衛、光、黒田長政、織田信長、豊臣秀吉、竹中半兵衛、石田三成、立花誾千代)を描きます。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な草原で歩き出します。

歴史上の人物に触ると、その人物の名言を喋ります。

チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020

この情報は2019年11月8日(金)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

8072
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top