福岡のニュース

ハッカー映画『電気海月のインシデント』が好評につきマークイズ福岡ももちのユナイテッド・シネマ2週間上映決定!

ハッカー映画『電気海月のインシデント(でんきくらげ)』が好評につき、マークイズ福岡ももちのユナイテッド・シネマ(福岡市中央区地行浜2丁目2-1)にて、2019年11月8日(金)より2週間上映決定!

2019年5月のイオンシネマでの上映が大変好評となり、9月にはアジアフォーカス・福岡国際映画祭の特別招待作品にも選ばれました。巨匠堤幸彦監督も推薦コメントを寄せるなど、確実に評価が広がってきています。

<電気海月のインシデント とは>
本作は現役のITエンジニア・プログラマーらによる本格的な技術監修を経て完成したリアルなハッカー映画。また、ハッカーへの独自取材を行い、彼らの生態系やその思考回路にも迫った。ハッキングの手法、ホワイトハッカーとブラックハッカーの実情とその境界線・・・。物語の舞台はIT/スタートアップ都市として注目されている福岡。九州を拠点に活躍するキャスト・スタッフが集結し、オール福岡ロケを敢行した。リアルでエキサイティングな “ハッカー映画” がここに誕生!

<ストーリー>
2018年、福岡。他人のスマホを覗ける“ピンクのタブレット”が流通していた。調査を依頼されたのは、裏稼業専門探偵のライチとプログラマーの冬吾。二人は僅かな手がかりから真相に近づいていくが、ある日”シロオニ”と名乗るハッカーから身元を特定され、急襲を受けてしまう。やがてタブレットは日本中を震撼させる事件を引き起こし・・・。福岡の暗部で繰り広げられるハッカー×探偵×アウトローの頭脳戦。

予告編

堤幸彦監督推薦コメント

【概要】
日程:2019年11月8日(金)~2週間上映予定
会場:ユナイテッド・シネマ 福岡ももち(マークイズ福岡ももち)
劇場ページ:こちら

<作品詳細>
内容時間:98分
監督・脚本:萱野孝幸
プロデューサー:近藤 悟
主演:境啓汰、愛佳
製作:電気海月のインシデント製作委員会
配給:イオンエンターテイメント
https://jellyfish-movie.jp/

この情報は2019年10月31日(木)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

1161
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top