福岡のニュース

「オリオン座流星群」が極大へ

流星群のイメージ
※画像はイメージです

国立天文台(NAOJ)によれば、2019年の「オリオン座流星群」が10月22日(火)頃に極大をむかえます。

母天体はハレー彗星。オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点があり、比較的速度が速いことから、明るい流星がみられるのが特徴です。

今年の極大のピーク時刻は、22日の夜明け後となる午前8時頃となっており、その手前である22日の未明が見頃となります。

ただ、オリオン座流星群は、極大日とされているあたりの4~5日間くらいは、現れる流星の数があまり変化せず、はっきりとしたピークがないともいわれています。

気になる県内の天気ですが、21日(月)18時頃から22日(火)午前6時頃までの天気は「晴れ」の予報で、降水確率「0%」です。

観察の際は、近くに明かりがなく、空を広く見渡せる場所を選びましょう。

見渡す方位を気にする必要はありませんが、夜半過ぎには月が昇りますので、月の明かりの影響を受けないよう、月を背にして観察するとよいでしょう。

また、望遠鏡や双眼鏡は使わず、肉眼での観察が適しています。

10月とはいえ、夜明け前はたいへん冷え込みますので、しっかりとした防寒対策をとり、暖かい服装で観察するようにしましょう。

国立天文台(NAOJ)公式サイト

この情報は2019年10月20日(日)時点の内容です。

5092
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top