福岡のニュース

映画「ライオン・キング」一つだけ実写シーンがあった!

2019年8月9日(金)より公開された映画『ライオン・キング』(1994年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品『ライオン・キング』のフルCGリメイク作品)に、実写ショットが1枚挿入されていると話題になっています。

魂を揺さぶる不朽の名曲の数々と、この世界のすべての人々に“生きる意味”があることに気づかせてくれる感動の物語、そして、実写もアニメーションも超えた驚異の“超実写版”映像が、まるで映画の世界観に没入するような未知の映画体験へと観客を誘う。

メガホンをとるのは「アイアンマン」シリーズの大ヒット・メーカーであるジョン・ファヴロー監督。その監督が先月末にインスタグラムにて、「映画に1ショット実写を入れてある」と公開しました。This is the only real shot in #TheLionKing. There are 1490 rendered shots created by animators and CG artists. I slipped in one single shot that we actually photographed in Africa to see if anyone would notice. It is the first shot of the movie that begins The Circle of Life. (これは「ライオンキング」の唯一の本当のショットだ。本作にはアニメータとCGアーティストにより作成された1490のされたショットがあるが、実際に誰かが気づくかなと思って、アフリカで私達が撮ったショットを入れてみたんだ。サークル・オブ・ライフを開始する映画の最初のショットだよ。)

是非劇場で注目して観てみましょう!

▶ 映画「ライオンキング」
ジョン・ファヴローInstagram

この情報は2019年8月19日(月)時点の内容です。最新の情報は公式サイトなどにて確認をお願いします。

1414
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top