福岡のニュース

台風10号の接近で広い範囲で高速道路が通行止めになる可能性

高速道路のイメージ
※画像はイメージです

NEXCO西日本では、2019年8月13日(火)午前10時現在のお知らせとして、台風10号の接近にともなう通行止めの可能性について発表しました。

超大型で強い勢力の台風10号は、西日本に向けて北上を続けており、今週後半にかけて日本列島へ接近する予報です。

NEXCO西日本では、安全を重視し、台風の大雨や強風により、四国地方や九州地方で14日(水)夜から、そのほかの東日本~西日本の地域でも15日(木)~16日(金)にかけて、広い範囲で高速道路が通行止めになる可能性があるとしています。

通行止め区間の予測については、今後の台風の進路予測等に併せて、順次発表されます。

お盆のUターンや、行楽地からの帰り、普段の仕事など、高速道路の利用にあたっては、最新の気象情報や交通情報を確認し、必要に応じて運行計画の変更などを検討するよう強くお勧めします。

最新の交通情報は、以下の情報サイトより確認可能です。

アイハイウェイ(NEXCO西日本)
日本道路情報センター(JARTIC)

NEXCO西日本 公式サイト

2338
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top