福岡のニュース

福岡市内の各所に『飾り山』14基公開中!

山笠は飾り山と舁き山に分かれており、飾り山は博多駅や天神など福岡市内14カ所に飾られます。舁き山は、博多の七つの流(ながれ)によって舁かれるのが特徴のひとつ。

流(ながれ)とは、豊臣秀吉が行った太閤町割りで生まれた博多の町の区画のことです。

祭りのクライマックスは、最終日に行われる追い山!博多の総鎮守「櫛田神社」をスタート地点に、7つの流(ながれ)が山笠を舁いて約5キロの道のりのタイムを競い合います。博多の町を山笠が疾走する様は、豪快で勇壮です。

特に午前4時59分に先陣を切る一番山だけに許された「博多祝い唄(祝いめでた)」を歌う場面は必見!見物客の博多っ子も大合唱し、櫛田神社の境内が荘厳な雰囲気に包まれ、見るものを圧倒します!

舁き山・飾り山の詳細は、下記の「山笠ナビ」でご確認ください。

▶ 「山笠ナビ」流の紹介・山小屋マップ
▶ リビング福岡

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top