福岡のニュース

閉館した「ハイアット リージェンシー福岡」が来春「ザ・ベーシックス福岡」としてリニューアルオープン決定

閉館した「ハイアット リージェンシー福岡」が来春「ザ・ベーシックス福岡」としてリニューアルオープン決定

エフ・ジェイ ホテルズ社では、2019年5月31日に閉館した旧ハイアット リージェンシー福岡について、2020年3月に「THE BASICS FUKUOKA ザ・ベーシックス福岡」としてリニューアルオープンすると発表しました。

「THE BASICS FUKUOKA ザ・ベーシックス福岡」は、INTELLECTUALS WORLD をコンセプトとし、ただ泊まるだけではない、ここに滞在することで福岡への旅そのものがもっと楽しくなるような、より上質な滞在を通して、既存のホテルにない新しい体験や世界観を提供するホテルとして展開されます。

同ホテルには「Bibliotheque de la Terre ~ 世界をめぐるライブラリー」をテーマにしたライブラリーがロビーに設けられます。

閉館した「ハイアット リージェンシー福岡」が来春「ザ・ベーシックス福岡」としてリニューアルオープン決定

高さ約42メートルの吹き抜けが圧倒的なインパクトとなる円形ロビーにある12本の円柱を利用し、高さ約8メートルの書架を6本設け約5,000冊の書物を収納。

書物は実際に手に取って、ロビーや専用ラウンジ、客室と好みの場所で読むことができます。

円形に並ぶ書架の内周棚は、日本の伝統的な季節の移ろい「七十二侯」をモチーフに四季の繊細な美しさと文化を表現する書物を収納。

外周棚はグローバルサイドとして世界の名著名作を揃え、円形を活かし実際の方角にある国・地域の書物を配置。季節という「時間」と世界各国各地という「空間」、あたかもありとあらゆる「時空間」をめぐる「時空間旅行」を楽しむ、そんなひと時が提供されます。

なお、ライブリー設置にあたっては、編集工学研究所が選定・監修を行っています。

そのほか、ロビーでは地域文化を紹介するイベントや音楽イベントの開催も予定されているとのことです。

閉館した「ハイアット リージェンシー福岡」が来春「ザ・ベーシックス福岡」としてリニューアルオープン決定

客室やロビー・ラウンジ等の館内デザインは、グランドハイアット福岡のレストランTHE MARKET Fや、グランドプリンスホテル高輪、マンダリンオリエンタル東京のメインダイニング等を手がけたA.N.D.が担当。

客室全てにおいて内装や水回りの工事が行われ、家具・備品を一新。ベッド・バスルーム・調度品など、上質な滞在を可能にする客室として生まれ変わります。

客室や直営レストラン等についての詳細は、決まり次第発表されます。

テナント構成としては、1階 カフェとして、国内最大のコーヒーメディア “Good Coffee”が、東京・渋谷の「THE LOCAL COFFEE STAND」に次ぐ国内プロデュース2店舗目を福岡に初出店することが決定。

店舗では福岡県外の国内・海外の人気ロースターの厳選豆を毎月セレクトし、提供されます。

ホテル概要

名称「THE BASICS FUKUOKA ザ・ベーシックス福岡」

所在地は、福岡市博多区博多駅東2-14-1(JR博多駅徒歩約8分/地図はこちら

開業は2020年3月を予定、予約受付開始は2019年10月頃を予定

地上13階/地下1階/室数238室

株式会社エフ・ジェイ ホテルズ

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top