福岡のニュース

太宰府天満宮「令和元年 七夕の宴」参道が七夕飾りで彩られ、浴衣ショーや舞踏奉納も!

太宰府天満宮(太宰府市宰府4丁目7番1号)にて2019年7月7日(日)夕刻より「七夕祭並びに七夕の宴」が斎行されます。

「七夕の宴」は、永承元年(1046)に大宰府官人によって催され、宮廷行事の特徴も色濃く残し、中世の頃まで盛大に行われていました。

その後、幾度かの中断を経て、近年では昭和32年(1957)に再興され、学問、芸術などの文化の発展と除災招福などが祈念され、「七夕祭並びに七夕の宴」として斎行されています。

2019年7月1日(月)より7月7日(日)まで、太鼓橋から楼門までの参道を七夕飾りで彩ります。また、七夕当日は、天神ひろばに特設舞台を設け、さまざまな催しを開催いたします。この七夕の期間は、どうぞ浴衣でお越しください。

七夕祭《御本殿前》
18時30分~19時15分 天神さまに幼稚園児による歌、熊本県山鹿市「山鹿灯籠踊り」舞踊などのご奉納。

七夕の宴《天神ひろば及び特設舞台》
14時30分~20時30分 七夕にちなんだピアノと弦楽器の三重奏や山鹿灯籠踊り保存会と地域の方々のご参加によります「山鹿灯籠踊り」の総踊りなど。※ 雨天の場合は社務所2階「余香殿」にて一部内容を変更して行われる予定です。

《山鹿灯籠踊り》
約1,300年前、山鹿に大宰府政庁や日本を守るために鞠智城(きくちじょう)が築かれました。山鹿にある鞠智城は、大宰府や大野城などの後方支援基地として、人や食べ物を供給し、親しく交流が行われていたそうです。1,300年余りの時を越えて、この「七夕の宴」にて数年前より熊本県山鹿市との交流行事として「山鹿灯籠踊り」を披露しています。

熊本山鹿市観光展《絵馬堂》
12時00分~18時00分 山鹿市の観光PRブースを設置します。

▶ 福岡市公式シティガイド「よかなび」

3274
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top