福岡のニュース

神社に伝わる名刀15点を展示 阿蘇神社の宝刀「蛍丸」の復元刀を期間限定で同時公開

2019年7月11日(木)~11月4日(月・祝)9:00~16:30(入館は16時まで)太宰府天満宮宝物殿 第1展示室(福岡県太宰府市宰府4-7-1)に、神社に伝わる名刀15点を展示。阿蘇神社の宝刀「蛍丸」の復元刀を期間限定で同時公開!

古来、祭祀の場では、人は各々にとって最も価値のあるものを神様への願いや祈りを込めて、大切な節目に奉納を行いました。

「神社に奉納された名刀展」では、神社に伝わる刀の中でも、奉納された名刀に焦点を当て、ご紹介いたします。古くから作刀の技術や文化は世界各地に存在していますが、日本刀はその一振にかかる工程の複雑さとその労力から、絶大な称賛と高い評価を得ています。

一方で、武器としての側面から、人々に恐れられ、接収の対象として扱われ、時には散逸したこともありました。そのような不遇の時代を乗り越えた名刀の数々が奉納当時の謂れや言い伝えと共に現存し、あるいは新たな祈りや想いを込めて奉納されているのです。

平成から令和へと御代が受け継がれた今、文化芸術の聖地 太宰府で本展を開催することにより、刀の持つ来歴や伝承はもとより、その美しい姿を通して、刀に込められた祈りを感じていただけることでしょう。

主な展示
20197月11日(木)~8月25日(日)
菅原道真公の御佩刀
・毛抜形太刀 伝天国 平安時代 重要文化財
福岡市博物館特別展「侍 もののふの美の系譜」(9月7日~11月4日)で毛抜形太刀を展示します。

2019年9月3日(火)~11月4日(祝・月)
明治天皇天覧
・太刀 銘 俊次 鎌倉時代 重要文化財

2019年7月11日(木)~11月4日(月・祝)
幕末の公家奉納
・刀 銘 長門国萩住永弘/文久三年十二月吉日、二王直清(花押)

江戸時代 三条実美奉納
・刀 銘 丹波守吉道 江戸時代 東久世通禧奉納

太宰府の刀工金剛兵衛
・脇差 銘 源盛高/八月日 室町時代

以上、会期中全15点公開
※予定は変更になることがあります。

阿蘇神社復興展示
特別展示「阿蘇神社復興支援-よみがえった宝刀蛍丸」
会期:7月11日(木)~9月1日(日)

熊本地震で被災した阿蘇神社の復興を支援する取り組みとして、阿蘇氏に代々伝わり、後に肥後国一宮 阿蘇神社の宝刀として秘蔵されながらも、戦後所在不明となった宝刀「蛍丸」の復元刀の真打と影打を期間限定で同時公開します。

そのほか、阿蘇神社境内の復興、復旧の様子を伝える写真や「蛍丸」関連パネルおよび等身大設置、今年4月に「AnimeJapan 2019」ニトロプラスブースで販売されたチャリティーアイテム「蛍丸 極 A4クリファイル」(収益の一部を阿蘇神社に寄付)の販売有

太宰府天満宮宝物殿
休館日:月曜日(祝日は開館)
拝観料:大人400(300)円、高大200(100)円、小中100(50)円
※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額

▶ 福岡市公式シティガイド「よかなび」

2236
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top