福岡のニュース

よしもとの常設劇場『福岡新劇場(仮称)』来夏オープン決定!

E・ZO FUKUOKA のイメージ
E・ZO FUKUOKA のイメージ

吉本興業では、福岡ソフトバンクホークスが建設を進めているエンターテインメントコンテンツを展開する施設「E・ZO FUKUOKA」(ヤフオクドーム敷地内)7Fに「福岡新劇場(仮称)」(約500席予定)を来夏にオープンすると発表しました。

大阪「なんばグランド花月」、東京「ルミネtheよしもと」、京都「祇園花月」に次ぐ規模で、福岡に新たなエンタテインメント発信基地として、よしもとの常設劇場としては全国で16館目の劇場(2019年6月10日現在)となり、2020年夏からの公演が予定されています。

人気芸人による漫才、新喜劇などの寄席公演「九州花月(仮)」や、九州発のエンタテイメント「九州新喜劇公演」など、お馴染みのお笑い公演はもちろん、若手九州人気ユニットによる新しいエンタテイメントショーや、音楽ライブを開催。

また、大阪城公園の「クールジャパンパーク大阪」で展開している外国人観光客の人たちにも楽しんでもらえるような様々なジャンルのエンタテイメントも登場する予定で、福岡の新名所となる劇場として展開してゆくとのことです。

吉本興業株式会社

4397
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top