福岡のニュース

イケアから美味しくて地球にも優しい「プラントベースフード(植物性食品)」が登場。

イケアから美味しくて地球にも優しい「プラントベースフード(植物性食品)」が登場。

イケア・ジャパンでは、2019年5月16日(木)より、イケアレストランおよびビストロの通常メニューに、美味しくて地球にも優しいプラントベースフード(植物性食品)を加えて展開すると発表しました。

※販売時期はストアにより変更になる場合があります。

プラントベースフードとは?

原材料に肉や卵を一切使わず、植物由来の材料だけでつくったメニューで、ひよこ豆をはじめ、グリーンピース、ニンジン、ケールなど栄養豊富な豆や野菜をふんだんに使われています。

肉を使うよりもカーボンフットプリントが少なく、環境への負担を抑えられます。

ベジドッグ
ベジドッグ

「ベジドッグ」は、従来のイケアホットドッグ(豚肉が原料)よりも、排出される二酸化炭素の量は10分の1に減らせます。

ベジドッグは、動物性原材料を一切使用せず、ひよこ豆やグリーンピースなどからつくられた、環境にも体にもやさしい新しいホットドッグ。マスタード、フライドオニオン、赤キャベツをのせて提供されます。

※現在、バンズのみ卵と乳製品が使用されていますが、将来的に植物性由来のものに切り替えられる予定です。

価格は100円。

プラントベースソフトアイス
プラントベースソフトアイス

「プラントベースソフトアイス」は、バナナ果汁のみからつくられた柔らかい口どけの100%植物由来のアイスで、素材の味を存分に楽しめる一品です。

価格は80円。

今後は第2弾の展開が予定されており、あらためて発表されます。

IKEA福岡新宮 公式サイト

1021
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top