福岡のニュース

地球の歩き方『御朱印でめぐる神社シリーズ』から九州版登場

地球の歩き方『御朱印でめぐる神社シリーズ』から九州版登場

寺社で参拝の証として頂ける御朱印。寺社の御朱印授与所には行列ができ、人気の御朱印や期間限定の御朱印は、頂くまで数時間待ちということも。

さらに元号が「令和」になり、「令和」の御朱印を頂こうと参拝者が殺到。明治神宮は10時間待ち、令和にゆかりのある福岡の坂本八幡宮は4時間待ちとの報道もあり、御朱印はますます人気になっています。

旅行ガイドブック『地球の歩き方』を発行するダイヤモンド・ビッグ社では、御朱印がまだ一部の愛好家にしか知られていなかった2006年に、日本初の御朱印本として、『御朱印でめぐる鎌倉の古寺』を発行。

以来、さまざまな地域やテーマのタイトルを発行し、御朱印本の草分けであり、人気シリーズとして認知され、現在『地球の歩き方御朱印シリーズ』は累計35万部を突破。

今回、2019年5月15日(水)に、九州の御朱印本がラインナップに加わります。

同書は、神社に詳しい人や御朱印好きに調査を重ね、「御朱印と御利益が凄い」と評判の神社を、九州の2万以上の神社のなかから厳選。

地球の歩き方『御朱印でめぐる神社シリーズ』から九州版登場

地球の歩き方『御朱印でめぐる神社シリーズ』から九州版登場

巻頭の特集「開運さんぽ旅」では、阿蘇・高千穂の最強パワスポや世界遺産・宗像大社を徹底解剖。太宰府天満宮や宇佐神宮などの有名神社はもちろん、縁結び、金運、仕事運、やきものの神、復活運アップ神社まで、御利益別に115社の神社とその御朱印を徹底的に紹介しています。

地球の歩き方『御朱印でめぐる神社シリーズ』から九州版登場

地球の歩き方『御朱印でめぐる神社シリーズ』から九州版登場

地球の歩き方『御朱印でめぐる神社シリーズ』から九州版登場

神社とお寺の違いや参拝方法、境内のしくみや神様プロフィールなど、初めてでもイチからわかる神社の基礎情報も掲載。旅のプラン作りに便利なモデルルートや九州広域MAPも付属。

御朱印集めをこれからはじめる人も、すでにはじめている人も役に立つ、九州在住者と旅行者は必携の一冊として展開されます。

タイトルは『御朱印でめぐる九州の神社~週末開運さんぽ~』で、定価は1300円(税別)。ISBN:978-4-478-82331-6

地球の歩き方後朱印シリーズ 公式サイト

3929
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top