福岡のニュース

GW明け「みずがめ座η(エータ)流星群」が極大へ

「流星群」イメージ画像
※ 画像はイメージです

国立天文台によれば、2019年5月6日(月)頃、「みずがめ座η(エータ)流星群」の活動が極大を迎えます。

今年は、5月7日(火)の、日の出2時間半前から1時間半前までの1時間程度がいちばんの見頃になります。5月7日の福岡県の日の出時刻は5時25分ですので、3時頃から4時頃が観測に適しています。

「みずがめ座η(エータ)流星群」は、5月の連休の頃に極大を迎える流星群で、母天体は、10月のオリオン座流星群と同じで、有名なハレー彗星です。

西日本エリアの5月6日(月)深夜の天気は「晴れ」の予報で、月相は新月を過ぎたばかりで月明かりの影響がないことから、たいへんよい条件で観察できると考えられます。

観察にあたっては、近くに明かりが少なく、空を広く見渡せる場所を選びましょう。方角を気にする必要はありません。また、望遠鏡や双眼鏡は使わず、肉眼での観察が適しています。

極大の前後数日間は、同じくらいの流星が観測できるそうですので、都合をあわせて観測するのもよいでしょう。

「みずがめ座η(エータ)流星群」は、放射点の高度が低いため、軌跡の長い見事な流星が出現する可能性があります。そんな映画に出てくるような流星の出現に期待しつつ、早起きしてみてはいかがでしょうか。

なお、夜間から明け方にかけては、まだまだ冷え込みますので、寒さ対策をしっかりして観測しましょう。

国立天文台|NAOJ

13921
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top