福岡のニュース

アーカイブ : 九州国立博物館 タグ

九博が「夜間のバックヤードツアー」開催中

九博が「夜間のバックヤードツアー」開催中

九州国立博物館では、毎月第1土曜日の夜間開館の時だけ特別に実施されるバックヤードツアー、『夜の博物館たんけん隊』を開催しています。 展示室の裏側を歩くだけでなく、文化財専用の大型エレベーターへの乗降体験など、博物館の「展示する」「運ぶ」「守る」仕事の一端を見学できる貴重な催しです。 次回の開催日時は、平成29年7月1日(土)1...

「夜の九博」限定!タイ展観覧でシンハービールがプレゼント

「夜の九博」限定!タイ展観覧でシンハービールがプレゼント

九州国立博物館では、2017年4月28日から、毎週金曜・土曜は開館時間を午後8時まで延長し、「夜の九博」を展開しています。 そして現在、夜間開館日の毎週金・土曜の17時以降は、特別展「タイ~仏の国の輝き~」の当日券が夜間割引料金にて購入できます。※夜間開館の詳細はこちら 夜間開館日の17時以降に九博の券売所で販売されるもので、...

九博が毎週金曜・土曜に「夜の九博」開催へ

九博が毎週金曜・土曜に「夜の九博」開催へ

九州国立博物館では、2017年4月28日(金)より、毎週金曜・土曜を午後8時まで延長開館する「夜の九博」を実施すると発表しました。 また、夜間開館のプレイベントとして、4月22日(土)に、ライティングデザイナーの田中清隆氏プロデュースで、オリジナルの光のポットを作って博物館を彩る「夜の光の博物館」イベントなどが開催されるほか、...

九州国立博物館で7月~8月「東山魁夷」特別展

九州国立博物館で7月~8月「東山魁夷」特別展

2016年7月16日(土)~8月28日(日)、九州国立博物館にて特別展「東山魁夷」が開催されます。国民画家と呼ばれた東山魁夷の初期から最晩年までの代表作が目白押し。 その作品の多くに青い絵の具を使うことから「青の画家」とも呼ばれる東山魁夷は、第二期唐招提寺御影堂障壁画で水墨画表現に挑みました。 色彩と水墨による東山魁夷の絵画世...

九博で「大英博物館展」開催

九博で「大英博物館展」開催

「大英博物館展 ― 100のモノが語る世界の歴史」が、7月14日(火)から9月6日(日)まで、九州国立博物館にて開催されます。 ロンドンにある大英博物館は、人類の文化遺産の殿堂として世界中のあらゆる地域と時代を網羅した700万点を超える収蔵品の数々を誇ります。同展では、それら貴重な収蔵品から選び出した100作品、さらにグループ...

九国博で開催中の「百済展」5万人突破

九国博で開催中の「百済展」5万人突破

福岡県太宰府市の「九州国立博物館」で、元旦より開催中の「古代日本と百済の交流-大宰府・飛鳥そして公州・扶餘」。 入場者が20日、ついに5万人を突破しました。先日まで展示されていた国宝「七支刀」は、奈良・石上神宮のご神体に匹敵する貴重な門外不出の宝。 石上神宮でもほとんど公開されないというもの。その他にも、「武寧王」陵出土の墓誌...

九国博開館10周年記念特別展「戦国大名」展

九国博開館10周年記念特別展「戦国大名」展

九州国立博物館で2015年4月21(火)~5月31日(日)、開館10周年記念特別展「戦国大名 – 九州の群雄とアジアの波涛 -」が開催されます。 16世紀後半の動乱の九州を駆け抜けた戦国大名、そして戦国の気風を受け継いだ豊臣大名の姿に迫る展覧会です。 大友宗麟、小早川隆景、毛利元就、黒田長政、島津義久、加藤清正、龍...

九国博で元旦より特別展「百済展」

九国博で元旦より特別展「百済展」

福岡県太宰府市の「九州国立博物館」で、2015年1月1日、「古代日本と百済の交流-大宰府・飛鳥そして公州・扶餘」が開幕します。貴重な門外不出の国宝「七支刀(しちしとう)」も登場(1月15日~2月15日)します。 国宝「七支刀」は奈良・石上神宮のご神体に匹敵する貴重な門外不出の宝。石上神宮でもほとんど公開されないというもの。その...

「台北・故宮博物院展」 九博で7日開幕

「台北・故宮博物院展」 九博で7日開幕

中国王朝文化を代表する逸品を集めた「台北・故宮博物院展」が、太宰府市の九州国立博物館で7日から開幕します。 故宮博物院が所蔵する約70万点のうち、九州国立博物館では110点を展示、同展はアメリカやヨーロッパで開催されており、アジアでは日本が初めての開催で、東京と九州の二つの国立博物館のみを巡回します。さらに、東京では公開されな...

Return Top