福岡のニュース

「ペルセウス座流星群」が8月13日未明に極大に!

「ペルセウス座流星群」が8月13日未明に極大に!
※ 画像はイメージです

国立天文台によれば、2017年の「ペルセウス座流星群」が、8月13日(日)午前4時頃に極大を迎えるそうです。

日本でのいちばんの見ごろは、12日(土)の夜半頃から、13日(日)の明け方頃となる見込みですので、お盆の連休中ではないが日曜日は休みだ、という人も安心して観測できます。

ただし、夜空には明るい月が出っぱなしですので、見える流星の数は例年よりやや少ないと見られています。

流星が最も多いときに、空の暗い場所で観察して、見られる流星は1時間あたり35個程度となると国立天文台は予想しています。

気になる福岡県内の天気ですが、気象庁の天気予報では、明日12日(土)は18時から24時まで「晴れ」で降水確率0%、明後日13日(日)も「晴れ時々曇り」で、降水確率は1日を通して20%となっていますので、空模様は上々のようです。

観測にあたっては、月明かりがなるべく視界に入らないようにしながら、空の広い範囲を眺めてみるとよいでしょう。

なお、国立天文台では、ペルセウス座流星群を多くの方に楽しんでもらうべく、国立天文台オリジナルグッズがプレゼントされる『夏の夜、流れ星を数えよう 2017』キャンペーンが開催中です。

同キャンペーンの詳細は、下記の特設サイトをチェックしてみてください。

夏の夜、流れ星を数えよう 2017 ~ペルセウス座流星群を眺めて、みんなで報告しよう

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top