福岡のニュース

肉やきめしが圧巻!あの福岡で話題の番組【福岡人志】で絶賛された中華料理店「娘娘」は九州が誇る男メシの聖地だ

<< 同記事は、ぐるなびWEBマガジンから提供を受けて掲載しています >>

福岡ローカルで不定期に放送されている『福岡人志、松本×黒瀬アドリブドライブ』で紹介された北九州市小倉北区にあるお店「娘娘(にゃんにゃん)」から総量なんと400gもある人気メニュー「肉やきめし」とキクラゲ・キャベツ・かまぼこ・イカなど、いろいろ入った「チャンポン」を紹介します。あのお笑い芸人さんが絶賛していた理由が分かりますよ。

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

福岡・北九州の小倉からガッツリ食べたい方は必見の“男メシ”をご紹介します!

今回、登場するお店は2015年から番組がスタートした「福岡人志、~松本×黒瀬アドリブドライブ~」(福岡放送FBS)という番組の北九州・小倉ロケでも紹介されたんですよ!ちなみに全国の方が放送観たいという声が多数聞こえてきますが、福岡・佐賀のみのローカル放送なのです!

今回はその番組の中で、あの芸人さんたちが大絶賛していた北九州市民のソウルフードをご紹介したいと思います。

 

「娘娘」と書いてなんと読む?

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

小倉駅から徒歩5分。あ、ありました!

ちゅうぎん通り沿いにある赤い外観が目印のお店です。

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

その名も…中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」です。

初見だと絶対読めない店名!しかも一度聞いたら忘れられないかなりのパンチ力。(笑)

(中国語辞典で調べてみると、「母」や「高貴な夫人」という意味を持つみたい…。)

名前だけを見ると、若い女性が切り盛りしているお店をイメージしてしまいますが、入店してみるとビックリ!

スタッフさんもお客さんも男性が中心です。

そりゃあそうです。なんたって今回ご紹介するのは“男メシ”ですから!!(笑)

 

お店を訪れたのは、日曜の午後4時

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

“昼食には遅すぎる、夕食には早すぎる”という微妙な時間帯にもかかわらず、お客さんが途切れない…!

こちらは元々、北九州ではかなり有名なお店で、以前は「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられていました。そして先日の「福岡人志」の放送で、更に客足が増えたのだそう。

これは期待が高まりますね!!

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

レバニラ玉子やニンニク炒め、餃子など気になるメニューはたくさんありますが、今回食べるのは・・・

・肉やきめし(550円)

・チャンポン(530円)

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

あの芸人さんが「俺のツボめっちゃ分かってるわ~」と称賛したメニューが食べられるなんて、今からドキドキワクワクです♪

番組同様、単品で注文しましたが、お得なセットメニューもありますよ。(ラーメンはチャンポンに変更可能です)

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

目の前では、ベテランの料理人さんが中華鍋を豪快に振るっています!

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

手さばきの良さに思わず見入っていると「店名が“娘娘”なのに、中は男ばっかやろ~(笑)」と大将が声をかけてきてくれました。

私:覚えやすいユニークな名前ですよね!お客さんもやっぱり男性が多いんですか?

大将:うちのメニューは量があるけん男性客が多いけど、最近は女性も増えとるね~。2015年まではこの近くに福岡吉本の劇場があったけん、よく芸人さんも肉やきめしを食べにきとったよ~。

そういえば・・・今回「福岡人志」で紹介に至ったのも北九州にゆかりのある福岡の芸人さんが、オススメのお店として連れてきたからでした。

美味しいお店っていろんな人に紹介したくなりますもんね~。そんなお話をしていると、出来立てアツアツの「肉やきめし」が到着!

 

一度食べたら忘れられない究極の男飯「肉やきめし」

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

めちゃめちゃ美味しそう~。

ボリューム満点の一皿ですが、女性の私でも歓喜してしまう!

写真では分かりにくいかもしれませんが、総量目安なんと400g。これで一人前・中盛りなんです(笑)

「これじゃ足りんばい!」という方は、大盛(700円)もあり。更にプラス150円で肉増しも可能です。

逆に「ちょっと多いかも」という方は、小盛(400円)もありますよ。あっさりした豚骨ラーメンのスープもセットでついてきます。

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

やきめしの上にどっさり乗った豚コマ肉は、甘辛い醤油ダレに絡んでいて、米とのコンビネーションが最高!

厚切りで歯ごたえがあるというのも高ポイントです。そしてしっかり油で炒められた、しっとり系やきめしがまたグッド。やきめしだけを食べると、気取らない素朴な味わい♪

そのまま食べてももちろん美味しいんですが、濃い目に味付けされた豚肉と一緒に食べることで、最強の“ガッツ飯”になるわけです!!

ちなみに多いときは、お米を3升の釜で5回炊くほど注文が入るそうですよ(笑)

 

コクのあるスープがたまらない「チャンポン」

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

「チャンポンも熱いうちにどうぞ~」肉やきめしに夢中になっていると、チャンポンも運ばれてきましたよ。

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

チャンポンもデカイ!!!

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

これで一人前(530円)ってコスパ良すぎでしょ。

具材もキクラゲ・キャベツ・かまぼこ・イカなど、いろいろ入っているのが嬉しい~。

太麺のチャンポン麺が、濃厚なスープをよくすいこんでいます。

チャンポンで使われているのは、ラーメンと同じ豚骨スープ。もともとあっさりとした豚骨スープに、野菜や海鮮の旨味が溶け出していてとっても美味~。しっかりコクも感じられます。

 

昭和35年から愛される老舗の味を堪能しよう!

これだけ食べたらもうお腹いっぱい!!

女子二人でシェアしてちょうどいい量でした。ちょっと落ち着いたとこで、大将にお店とメニューについて質問してみましたよ。

私:お店を始めたのはいつですか?

大将:創業は昭和35年やね。

私:その時から肉やきめしってあったんですか?作ろうと思ったキッカケなどあったら教えてください!

大将:肉やきめしは創業時からあるけん、作ったキッカケは先代に聞かんとね~(笑)

ただ北九州は工業地帯やけん、昔から外仕事をしよる男性たちから好かれとったメニューではあったね。たぶんお腹をガツンと満たすために作ったんやと思うよ

なるほど。

ボリューム満点の「娘娘」の料理は、日本有数の工業地帯である北九州で、働く男性のためのスタミナ飯として愛されてきたわけですね!

それが今では女性も虜にしてしまうほど、人気になったというわけか。

中華料理「娘娘(にゃんにゃん)」

「肉やきめし」は持ち帰りOK。女性も家でなら周りを気にせず、ガツガツッとご飯をかきこめますよ(笑)。

カウンターがいっぱいのときは、2階席もあるのでご安心ください♪

北九州市民ならずとも福岡県民なら、一度は足を運ぶべし!あのお笑い芸人さんが絶賛していた理由が分かりますよ~。

 

ぐるなび – 娘娘 (小倉北区/中華料理)
娘娘(小倉北区/中華料理)の口コミや情報、地図・電話番号などを【ぐるなび】がご紹介。北九州周辺の中華情報も掲載。

※掲載されたお店や情報は取材時点のものであり、屋台条例などによって変更されている可能性があります。

著者・SPECIAL THANKS

Maki福岡

Maki福岡・九州の編集プロダクション・シーアール所属。 フリーペーパー営業、旅行雑誌編集部を経て、 現在は編集プロダクションに所属。 気になる飲み屋があれば、一人でもふらりと入ってしまうほどお酒が大好き。 今では同世代から親世代まで、幅広い世代の飲み友達をもつ。

この記事のソース「ぐるなびWEBマガジン」はこちら

<< 同記事は、ぐるなびWEBマガジンから提供を受けて掲載しています >>

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top