福岡のニュース

「宗像・沖ノ島 大国宝展」の開催にあわせ西鉄が臨時バス運行

「宗像・沖ノ島 大国宝展」の開催にあわせ西鉄が臨時バス運行

西鉄は15日、宗像大社神宝館における「宗像・沖ノ島 大国宝展」の開催に伴い、平成28年9月17日(土)~平成28年11月28日(月)までの期間、従来の「むなかたきっぷ」をリニューアルした「大国宝展きっぷ」を販売すると発表しました。

「大国宝展」では、8万点にも及ぶ宗像大社収蔵の神宝を鑑賞することができるほか、初公開となる国宝の数々も一挙公開される予定となっています。

同きっぷは、従来の「むなかたきっぷ」を、大国宝展の開催に合わせリニューアルし、特急バス「むなかた号」や宗像エリア周辺施設で買い物やグルメをおトク(最大2,790円おトク)に楽しめる企画きっぷです。

また、上記期間中は、JR東郷駅から宗像大社までの「国宝展臨時バス」を運行することで、9:00~17:00の時間帯は、通常のバスと合わせて約30分に1便の利用が可能となります。

価格は、2,500円と4,500円の2種類で、特急バス「むなかた号」の往復乗車券、「宗像大社~道の駅むなかた」の路線バス片道乗車券(170 円分)、宗像大社神宝館入場券、道の駅むなかたお買物券、レンタサイクル利用券がセットとなったものが2,500円(1,870円おトク)。

2,500円版の特典に、昼食券、昼食会場までのタクシー往復利用券をプラスしたものが4,500円(2,790円おトク)です。

なお、平成28年9月16日(金)まで販売の「むなかたきっぷ(大島)」については、好評につき、平成29年3月31日(金)まで販売を延長するとのことです。

販売箇所は、天神定期券発売所、ならびに、西鉄天神高速バスターミナルです。

Information|西鉄グループ
宗像・沖ノ島 大国宝展

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top