福岡のニュース

神社の「正しい参拝作法」について

神社の「正しい参拝作法」について

2016年もあとわずかとなりました。新年を迎える準備は着々と進んでおりますでしょうか。

ちなみに、お正月は初詣に出かけるという人も多いと思います。そこで、神社で参拝する際の正しい作法について、おさらいしておきたいと思います。

1.神社の入り口にある「鳥居」をくぐる時は、衣服を整え、帽子を脱ぎ、軽い会釈・小揖(しょうゆう)をしてから神社内に入りましょう。鳥居は神様の玄関口で、鳥居の内側は神の空間です。鳥居をくぐった時点で参拝の始まりです。

ちなみに、軽い会釈を小揖(しょうゆう)、深い会釈を深揖(しんゆう)と言います。

2.参道の真ん中は「正中」と呼ばれ、神様の通り道とされていますので、なるべく正中を避けて端を歩くようにするのがよいとされています。右側通行で歩く時は右足から、左側を通行する時は左足から入ります。通行する側と逆足の運びで入ると、神様に足を向けることになります。

3.大抵の神社には手水舎と呼ばれる水の張られた手を洗う場所があります。古くから、水はけがれを洗い流すものと考えられており、お参りする人はまず自身のけがれをここで落とします。

まず、ひしゃくを右手に持ち、水をすくい、左手を洗います。次に左手に持ち替えて右手を洗います。今度はもう一度右手に持ち、左のてのひらに水を受け、その水で口をすすぎます。すすぎ終わったら左手をもう一度洗います。最後にひしゃくを縦にして水を流し、柄の部分を洗い、元にあった位置にひしゃくを戻します。

4.拝礼の前に今一度服装を整えます。なるべく神前の中央に立たないようにし、軽く会釈・小揖をします。お賽銭を投げて祓い銭とする人もいますが、元々はお供え物がお賽銭になったものであり、投げない方が好ましいとされています。賽銭の額は気持ちの問題であり、額そのものは関係がありません。

5.鈴は静かに1回だけ鳴らします。続けて2回深くおじぎをし、神への敬意を表します。さらに、2回柏手を打ってもう1度深くおじきをします。最後に軽く会釈・小揖をします。願い事がある場合は拍手の後のおじぎの時に心の中で念じます。ただし、長く拝殿の前を占有するのは他の方の迷惑となるため、手短にしましょう。

手水と拝礼の作法については、以下の動画が参考になります。

6.神社からの帰り、鳥居を出る際には、入ってきたときと同様に軽く会釈・小揖をしてから去りましょう。

ネットでは「投げたお賽銭がしめ縄に刺さると幸運が訪れる」とか「宮司や僧など建物のなかにいる人にまで届けば願いが叶う」といったデマが流布していますが、このような行為は、神を祀る建物や、神職の方々を傷つける可能性があり、願いが叶うどころか罰当たりなことです。

大人の常識を持って、正しく拝礼するようにしましょう。

7399
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top