福岡のニュース

国内最大級の地中熱利用空調は新宮町に

ikea

夏は涼しく、冬は暖かい地下100メートルの熱で空調。

家具販売チェーン世界大手「イケア」の福岡新宮店には、国内最大級の地中熱利用空調があります。ニュースイッチが記事にしています。

現在、節電ならびにCO2削減、サステナビリィティ(将来にわたって持続できるかどうかを表す概念)への取組みで、多くの企業が再生可能エネルギーに着目している中、安定した地中熱利用のニーズは、今後増加するものと予想されています。

イケア福岡新宮店に設置されている地熱利用設備は、東京のスカイツリーの3倍の規模で、熱源杭として100mの長さの杭70本を使い、この熱源杭でエネルギーを得ることで、通常の空調だった場合よりも36%の省エネ効果が出ているとのことです。

また、同店では、スカイハッチという装置を使って照明として自然光を採光したり、雨水をタンクに溜めてトイレの洗浄水にしたり、さらに太陽光発電や、夜間電力を用いて作られた氷を溶かし、冷房などに利用する氷蓄熱ヒートポンプなど、地球温暖化対策や省エネに積極的に取り組んでいます。

出典元 : ニュースイッチ|日刊工業新聞社

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top