福岡のニュース

大川市の庄分酢で「酢蔵開き」

大川市の庄分酢で「酢蔵開き」

大川市に本社を置く「庄分酢」では、4月25日(土)、26日(日)の2日間、同市内の本社にて、”第18回 酢蔵開き”を開催すると発表しました。

庄分酢は、現在の大川市で宝永八年 1711年に創業し、以来、305年間にわたり酢醸造業を営んでいる大老舗です。また、顧客への感謝を込めて開催している酢蔵開きも今年で18回目となりました。

会場では、現役の酢職人が案内する酢蔵見学や利き酢体験が行われるほか、本社併設のビネガーレストラン「Ristrante SHOUBUN」の特別営業や、ちらし寿司弁当(数量限定)、酢を使った料理教室、様々なお酢の試飲試食、有機栽培の生産者による食の市場など、注目のイベントが目白押しです。

大川市の庄分酢で「酢蔵開き」

さらに、2015年の新商品として、有機玄米くろ酢を使用した「酢飲 ブルーベリーくろ酢」、博多あまおうを発酵させて造ったお酢を使用した「福岡産あまおうドレッシング」が新登場。会場内にて販売されます。

酢蔵開きを実施する大川本社所在地である小保・榎津地区は、江戸時代に小保は旧柳河藩の宿場町、榎津は旧久留米藩の港町として栄えた地区です。
その境界には「お境石」と呼ばれる石柱が並び、肥後街道沿いの宿場町の特徴ある歴史的な街並みが現在まで保たれています。2つの藩によって形成された宿場町は全国でも非常に稀なもので、歴史的にも価値の高い地区です。
酢蔵開きと同日程で、第16回小保・榎津「藩境まつり」も開催されており、筑後の歴史情緒を楽しめるイベントが多数開催されます。

・酢蔵開き | 酢づくり300年庄分酢(福岡県大川市)静置発酵のお酢

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top