福岡のニュース

連日賑わう「道の駅むなかた」魚類はすぐに完売

連日賑わう「道の駅むなかた」魚類はすぐに完売

人気テレビ番組「がっちりマンデー!!」、「鉄腕DASH」、「日本の底力クイズ プロジェクトQ」など、様々な番組に登場し、全国的にも有名になった「道の駅むなかた」。

道の駅といえば、地元でとれた野菜の直売やお土産販売など、一般的には和やかな雰囲気漂う空間ですが、宗像市にある「道の駅むなかた」は少々違うようです。

2008年4月にオープン、間もなく開業7周年を迎えます。道の駅定番の「地元農産物」は、もちろん人気商品ですが、一番の目玉は玄界灘の荒波でもまれた活魚です。
連日賑わう「道の駅むなかた」魚類はすぐに完売

売り場面積の約3分の1を占める水産物コーナーでは、玄界灘産の新鮮な魚が毎日入荷します。加工コーナーでは、魚の3枚おろしなどを行います。

また、美味しい魚の食べ方や調理のポイントなど、水産スタッフがアドバイス。とれたての美味しい魚が、安く身近に手に入るとして毎日賑わっています。朝9:00にオープンしますが、来場者はお魚目当ての方ばかりです。

お魚はすぐに売り切れ、午前中の早い段階でお魚コーナーから人影が消えてしまいます。

連日賑わう「道の駅むなかた」魚類はすぐに完売

他にも、珍しい商品もたくさんあります。醤油コーナーも充実。たまごかけ専用は定番ですが、パンにかける醤油やチーズにかける醤油、パスタにかける醤油など、試してみたい変わった商品も。連日賑わう「道の駅むなかた」魚類はすぐに完売

現在、「いちご祭り(~4月30日)」が開催されています。いちごのパックについているシールを10枚あつめると、割引お買い物券プレゼント。

昨年、来場者1000万人達成し、7周年をむかえる11日(土)、12日(日)はイベントを開催します。「マグロの解体ショー」や「あさりのつかみ取り」など、盛りだくさんです。是非お楽しみに!

連日賑わう「道の駅むなかた」で7周年イベント

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top